普段から飲んでいた『あの飲料』は超健康的な飲み物だった!!【3品】

健康的な飲み物は水や緑茶だけじゃない!!実は皆さんが知らずに飲んでいた物が”超健康に良いもの”だったかもしれません。
2017/08/08 UPDATE
 
506 views
  • 実は飲んでいた”健康的な飲み物”とは??

  • 人間が生活の中で摂取しなければならない『水分』。

    もちろんただ単に水を飲むだけでもいいのですが、人はいつからか飲み物に『味』を求めだしました。

    その結果、今では『果物ジュース・炭酸ジュース・コーヒー・紅茶・お茶』など、飲み物はメッチャあります。

    しかし、世間一般では

    『ジュース=体に良くはない』

    みたいなイメージがついてる気がします。

    なので今回は『水やお茶以外にも健康にいい飲み物はある!!』という事を伝えたく、いくつか飲み物を紹介します。
  • 実は健康的だった飲み物ランキング~!!!

  • 第3位 『紅茶』

  • 皆さんも自宅で朝、コンビニによった時、カフェに入った時など多くの場所で口にしますよね。

    紅茶の一番の特徴と言えば”甘いのにサラッとしてる”という部分だと思います。

    例えば、よく紅茶と並べて考えられる『コーヒー』の場合だと、割と味が濃かったり、逆に薄いと美味しくなかったりしますよね。

    その点サッパリしながら甘すぎない味、そしてピーチ・レモン・マスカット・ストロベリー・チェリーなど多くの果実がぶれんどされています。

    きっと子供や女性には大人気でしょう。

    しかし、実は紅茶の一番の特徴は『健康的』な所なんです。

    紅茶の一番注目する点は…
  • 紅茶には”紅茶固有”の成分がある!?
  • 紅茶にはカルシウムやカリウム、ビタミンB1・B2、ナイアシンなどのビタミン類やミネラルに加えて、テアフラビン、紅茶フラボノイド、カフェインという紅茶固有の有効成分があります。
  • なんと紅茶にはカルシウムなどの”定番”な成分以外に

    ●テアフラビン

    ●紅茶フラボノイド

    などの紅茶固有の成分があるそうです。
  • テアフラビンとは
  • テアフラビンとは、ポリフェノールの一種でカテキンが発酵してできる赤い色素です。紅茶などに含まれており、強い抗酸化力を持ち、殺菌効果や風邪を予防する効果があります。また、インフルエンザを予防する効果も期待されています。
  • そして紅茶フラボノイドとは
  • 本来、異物からカラダを守るものが活性酸素だけど、紫外線やストレスなどで体内に増えすぎると、カラダの細胞を傷つけるようになってしまいます。この害を防ぐと言われているのが、近頃注目の抗酸化物質。ビタミンC・Eなどとともに、紅茶に含まれる「紅茶フラボノイド」(ポリフェノールの一種)も抗酸化物質のひとつでヘルシーな成分です。
  • そんな固有の成分を持った紅茶を飲むと、実際にどんな効果があるのかを紹介します。
  • ガンや生活習慣病の予防になる!?

  • 抗酸化作用・血中コレステロールの抑制作用血糖上昇抑制・動脈硬化抑制作用が期待できます。これらの作用によって、生活習慣病の予防にも効果があると言われています。

    紅茶を摂取し続けると、ガンになりにくくなる効果も。ガン細胞が別の血管に接着するのを阻害することが実験でわかっています。(動物実験)
  • このように紅茶には生活習慣病やがんの予防になる効果があるそうです。
  • ダイエット効果や口臭予防の効果がある!?

  • 紅茶カテキン”には、糖分分解酵素があります。また、“カフェイン”には、脂肪分解作用・脂肪燃焼促進作用があります。

    ラットを使った実験では、水を与えたラット群よりも、紅茶を与えたラット群のほうが、体重の増え方が2割も少なかったのです。紅茶を与えたラット群は、肝臓の周りの脂肪や中性脂肪が水を与えたラット群よりも、はるかに少なかったということです。
  • 紅茶に入っている成分『紅茶カテキン』には脂肪分解作用・脂肪燃焼促進作用などの効果があるらしく、それがダイエットにつながるってことですね。

    さらには紅茶カテキンには口臭を予防する効果もあるそうです。
  • 殺菌効果がある!?

  • 風邪の時期には、紅茶でうがいをすると、風邪ウイルスだけでなく、インフルエンザにも有効です。しかも、出がらしで効き、即効性があるのです。

    実験によると、市販のうがい薬よりも強く作用するという驚きの結果になっています。その上、細胞がウィルスに感染しても、増殖を抑える働きもあるのです。

    毎日の紅茶うがいで、安全にインフルエンザ予防ができますね。

    ミルクティーにしてしまうと、有効成分が乳タンパクと反応してしまい、効力が弱まってしまいます。
    それだけではなく、
    水虫の白癬菌に対する殺菌効果も証明されています。出がらしで、足の紅茶浴をすると、水虫予防になりますね。
  • 紅茶は風邪やインフルエンザだけでなく、紅茶浴すると水虫予防にもなりそうです。
  • 目からくる疲れをとる効果がある!?

  • 紅茶をまぶたに塗ると、カテキンや各種ビタミンが作用して、疲れ目に効きます。

    朝起きて、まぶたがはれてしまった時は、出がらしのティーバックをまぶたに乗せて冷やすと腫れがひきやすいです。
  • 出典: i1.wp.com
  • このように、紅茶のティーバックをまぶたの上に乗せれば、疲れ目に効くそうです。
  • リラックス効果がある!?

  • 紅茶を飲むと、リラックスする、といわれていますが、脳波を取る実験結果があります。それによると、紅茶の香りを嗅いだときから、脳はリラックスし始め、飲み終わると、更にリラックスが深くなるということがわかりました。

    主観だけでなく、実験によっても明らかなのですね。

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード