プロが秘密にしている本当に美味しいペペロンチーノの作り方とは?

パスタ好きですか? シンプルで飽きのこないペペロンチーノ 家庭でも作る事があると思いますが、本当に美味しい お店で食べるペペロンチーノを再現できるとうれしいですよね。 プロが実際にお店で作っているレシピやポイントを伝授します。...
2017/02/22 UPDATE
 
1,918 views
  • なぜ違いが出るのか?

  • 材料、作り方、特に違いはないはずなのにペペロンチーノって家庭とお店って
    違いが出ますよね。

    何でこうまで違うのか?

    もちろんプロの料理人が作っているのでたくさんの秘密やテクニックがあります。
    その秘密になっている部分がわかると案外、簡単に美味しいペペロンチーノができますよ。

  • 間違ったレシピだから美味しくない

  • 皆さんのペペロンチーノの作り方はどこでしりましたか?
    今は、ネットの広がりとともにたくさんの料理のレシピが広がっていますね。

    そのレシピを書いているのは誰でしょう?

    ちゃんと経験をつんだ料理人が書いているのでしょうか?
    それとも、普通の主婦が書いているかも?
    もしかしたら料理すらしたことのない人かも?

    美味しいパスタや料理を作りたいなら

    本物のレシピを知ることが大切です。
  • パスタについて

  • どこのスーパー、コンビニでも手に入りますがパスタのブランド、メーカーによって
    特徴があります。

    パスタの風味
    舌触り
    茹で上がりの食感
    ソースとの絡み方
    茹で上げからの熱の伝わり方
    (アルデンテの状態を保ちやすさ)

    好みの問題もありますが簡単に説明します。
  • ディ・チェコ
  • 一度は目にしたことがあるのではないかと思います。
    製法などは省きますが、パスタの表面がザラッとしているのが特徴です。
  • バリラ
  • 表面がツルッとしている
    食感などはディ・チェコとはちがう
  • ニンニク

  • 産地は気にしなくてもいいです。
    (細かいことを言えば違うのですが本当に細かいので割愛します。)
  • 切り方について
  • 切り方によって違いがでます。

    丸、そのまま
    風味は弱い、取り出しやすい、じっくり火を通すと食べるときにホクッとした感じ。

    潰す
    丸より香りが出やすい、コレも取り出しやすい。

    スライス
    厚さによって食感、風味が違う。

    みじん切り
    香りが出やすい、ソース、パスタに絡むので
    ニンニク風味、味がダイレクトに伝わる。

    簡単にできるのはスライスなのでコチラもお好みで。
  • オリーブオイル

  • 加熱するときはピュアオイル。
    仕上げや、サラダ、熱を通さないものにはエキストラヴァージンオリーブオイル。

    メーカーによって味、辛味、風味が違うのでお好みを見つけましょう。
    スーパーに売っている日本メーカーのものなら
    それほど癖もないので安心です。

    イタリアなど、海外のメーカーになると
    風味や味など癖の強いものもあるので注意してくださいね。

    産地によって違うのは日本の醤油と似ているところがありますね。

    以前、エキストラヴァージンオリーブオイルでペペロンチーノを作りましたが
    くどくていつもよりまずいパスタになりました。
  • これもメーカーや産地によって違いがあります。

    パスタを茹でるときは岩塩を使っていましたが、家庭では消費できないのと(一袋、25キロ)
    他に流用しにくいので割高になりますが
  • モティアのサーレグロッソがいいと思います。
    輸入食材のお店で売っていると思います。

    普通の食塩とは味が違うのでここはこだわりたいところです。

    とはいっても、普通の食塩
  • こういった感じのものでも美味しく作れますのでこだわりたい方ようってことで・・・
  • イタリアンパセリ

  • なぜイタリアンパセリなのか?
    普通のパセリとは香りが違うのですが、
    これも「イタリアンパセリじゃなきゃダメ」って
    こともないのですが

    必ず「生」でお願いします。

    乾燥は香りが別物で、全く違う食材ってかんじがするので。

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード